日本舞踊について

『日本舞踊は、例えるなら純和風ミュージカル

 昔にタイムスリップしたようにストーリーを楽しめておもしろい』

日本舞踊とは、舞台上で上演することを目的とした一つの舞台芸術です。

700年前から存在したとされる〈能〉の技法を継承し、

また歌舞伎と共に伝承され発達してきたとされている、大変貴重な日本の伝統芸能です。

日本舞踊の曲は地方(じかた)と呼ばれる奏者が、三味線や鼓、篠笛などの和楽器を用いて演奏します。

その演奏に合わせて唄や語りを入れますが、実は唄で主人公の気持ちや物語の情景を表しているのです。

ストーリー性がある演目では、現代と同じように恋をしたり、遊びに出かけたり、喜んだり、怒ったり、

昔の人々がどんな風に暮らしていたかを知ることができ、それが日本舞踊の面白い所だと感じています。